離婚の理由って・・・。

転勤前に、旦那さんと同じ職場だった男性。

家族ぐるみでお付き合いしていて、いろいろ遊んでもらっていたのですが、離婚したと言う話を聞きました。

前々から、ちらっとそういう話が出ていたのですが、ついにやっちゃったか・・・と。

原因としては、私が思うに「言わなくてもそんなことわかるだろ」っていう考え方なんじゃないかと。

夫婦になると、ついついお互いの考え方を押し付けがち。

そして、自分がこう思うのだから当然相手もそう思っているだろう、とか、こうしてくれてもいいじゃないか!と一人で勝手に怒っちゃうんですよね。

これって男女問わずよくあることのようです。

「暗黙の了解」は、日本人の美徳でもあり、よくないところでもあるのだと痛感します。

本当に、夫婦こそお互いの気持ちをきちんと言わなければわからないのです。

これを言ったら嫌われるかな、とか、「そんな人だと思わなかった」なんて言われるかな、と遠慮してたら、結局ストレスがたまり、すれ違いはじめます。

そうなるともう修復のしようがないんですよね・・・。

ツーカーというのがありますが、これはお互いの性格が本当によく似ているか、どちらかが我慢している、またはうまくその怒りを流している場合のみ行けるんじゃないかと思うのです。

我が家は結構ツーカーな関係ですが、これができる理由としては、全面的に旦那さんのやることを否定しないようにしているからです。

私だったらあんなことはしない、なんていう目で見ていたらまずできないことだと思っています。

もちろん、イラッと来ることはあります。

でもそこで「仕方ない、元々お互い違う環境で育った人間なんだから」と思えるか思えないかでその後の対応が変わるのです。

夫婦だから、家族だから言わなくてもわかってよ、といういわゆる「甘え」を持たないことにより、円満に行くことがあるのです。

他人と思えば、しっかり1から説明するし、思ったことを伝えるじゃないですか。

それが実は家族が仲良くいる秘訣なんじゃないかとよく思うのです。

ただ、正直ストレスたまることもありますから、それは外でおしゃべりして発散が一番いいみたいですけどね。

離婚した彼も、次はこれをステップにして素敵な再婚が出来ればいいなぁ、と思います。

すでに婚活中らしいので、応援しなくては。

チーズチキンカツ。

今日の晩ごはんは、生協で昨日届いた、大好きなささみチーズカツを揚げることに決めていました。

一口サイズの可愛いカツはみんなのお気に入り。

揚げるのも小さいから簡単だし、火も通りやすいし、なにより食べやすいんです。

チキンナゲットくらいのサイズっていいですよねぇ。

あ、でもこれって普通は一口サイズではないかも?

1キロ入りですが、4人分として、全て揚げてしまいます。

だって、これが全部なくなることもざらなんですもん。

半分だと絶対足りないので、それなら余る方がその後お弁当のおかずに使えていいと思ってます。

残ったら、一つずつ分けて冷凍。

次から次に油を入れたフライパンに入れていきます。

私は常に揚げ焼きに近いものです。

あまり大量に油を使うとその後の処理が大変でしょ。

その点、少ない油でやる揚げ焼きだとカロリーも低いし、油をこすのも簡単。

そして揚げたものは、牛乳パックを真ん中から裂いたものの上にあげていきます。

これが一番油をよく吸うのでよく使いますが、これ、上手に裂くのが結構難しいのです。

主婦雑誌で見て、義母もやっていたこのテクニックですが、失敗すると全然使えません。

3回に1回くらいは完璧なんですが・・・。

いつか、常に完璧に裂けるようになるのかしら、と思いつつ今日もチャレンジ♪

そして今日は成功したのです、これだけで気分がかなりいいです(笑)

今日のご飯はチーズチキンカツとレタス、そしてご飯に味噌汁です。

そして、買って来たばかりのご飯のおとも。

しそ風味のわかめとめかぶ野沢菜です。

といっても、これは旦那さん専用ですね。

私も子どもも間違いなく食べません(笑)

なので、これが食卓にあっても、子どもたちはカツとご飯、そしてレタスをもりもり食べます。

カツにつけるソースは、とんかつソースとマヨネーズを合わせたもの。

私は、とんかつソースに辛い辛い大葉こしょうを混ぜたものをつけます。

辛いけど、チーズで緩和されてとってもおいしいです。

ひ~、辛い!ウマイ!って感じでしょうか。

これはかなりヒットなソースです。

これからカツはこれを付けて食べようっと。

今日もみんなで楽しくおいしいご飯を食べることができました。

明日は何にしようかな。